首页 > 走进旅桑 > 新闻动态
News
新闻动态
企業は自発的にして、「碳达峰、碳中和」の目標を助力します
2021-08-31 434

21年8月28日、最後の鉄の水の溶解が完了すると、大連旅桑実業有限公司の鋳造基地は正式に電気炉システムの改造を開始し、沖天炉を解体しました。秋の10月に全電気炉の溶解を実現し、旅桑実業がグリーン製造に向けて着実な一歩を踏み出したことを示しています。改造後、鋳造基地の主要大気汚染物質はゼロ排出を実現します。

旅桑実業は高度な責任感のある企業として、16年に「国家高新技術企業」の称号を獲得してから、自主的に革新的な特別投資と環境保護設備の改造を引き続き増大させてきました。同時に、複数の環境改善実用新案特許を研究開発し、基準達成に基づいて自ら圧力を加え、会社は上下全面的に連動して、半年余りの生産調整、在庫準備とプロジェクト分解作業を通じて推進します。前もって沖天炉解体準備を完成しました。

コストは大幅に増加しますが、自発的に国家の「碳达峰、碳中和」戦略目標を実現することに貢献できます!私たちはさらに製品の等級を高め、技術と管理水準を高め、効率と各方面の素質を高め、国内一流、国際的に有名な企業の目標に着実に邁進しなければなりません。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

最後の鉄水の出とともに、沖天炉はその歴史的使命を果たしました